レインボーカキ氷に関する僕の見解。

ひとつのカキ氷に
色んなシロップをかけるのを
レインボーと言うそうです。
全く持って贅沢な装いのレインボーカキ氷。
当然のコトながら、
食べているうちに色が混ざりあってきます。
無邪気な子供時代であれば
この想定外の展開を愉しむ事もできるのでしょうが、
深紫色と化した、かつてのレインボーカキ氷を手に撮り
「あぁ僕は今、合成着色料を食べているんだ・・・」
と言う夏の思い出を引き裂くような感情が襲ってきます。
時にして、
知識や経験とは、創造性を破壊します。
故に、
レインボーカキ氷は
溶けない内に食しましょう。

Rollei SL66 + Planar 2.8/80 KODAK Tri-X400(D76 DEVELOPER)