地団太は島根で踏め


言葉の語源をめぐる一冊です。
世間一般の使われ方と
語源の産地(?)では、
意味が違っていたりしてるんですよ。
著者の情報の取り方や、インターネットへの考えは、
実践者だからこそ説得力があります。
そして、
愉しんでます、著者は。

何となく
↓に通じるモノがあります。

わぐりたかし、みうらじゅん、いとうせいこう。
ひらがな繋がり3人で書いたら面白いだろうなぁ。
撮影は、なぎら健壱。
帯は、山田五郎。
あとがき、泉麻人。
ふふふ。