小説作法


気分を味わうなら
初版の表紙で。
著者の作品は読んでおいてください。