怒りは正しく晴らすと疲れるけれど


「ブログ全盛の遥か前から、日記を書く人には二通りあったはずだ。
 振り返るために書く人と、振り返らないために書く人と、である。」

日垣隆著 「怒りは正しく晴らすと疲れるけれど」 214ページより
#動機は前者だが、結果的に後者であると気付く、自分。