雪国


「何となく好きで、その時は好きだとも言わなかった人の方が、
いつまでもなつかしいのね。忘れないのね。」
 
川端康成 雪国 20ページより