影法師


彦四郎はいかなることも、
 たいして励むことなく易々とやっけのけます」
「たいして励みもせずにか・・・・。
 もしかしたらその少年は、己のやりたいことが何もないのかもしれぬな」
 
『影法師』 157ページより