エーゲ海に捧ぐ


どこもかしこも汚いくせに、
目だけはいつも変にきれいだったわ。
 
池田満寿夫 『エーゲ海に捧ぐ』  22ページより