シュガータイム


「あんな美しいまばたきをする子には、不似合よ」
と、わたしはつぶやいた。
 
『シュガータイム』  137ページから